助成金・補助金申請|代行する?自分でする?|メリット・デメリットは?

助成金・補助金申請を代行する?自分でする?メリット・デメリットは?

こんにちは!

一般社団法人中小企業人材育成協会です。

中小企業人材育成協会では、中小企業経営者・事業主さまが受給できる助成金・補助金を正しく活用していただくご提案を行い、申請から受給までワンストップ体制でサポートしています。

時間の有効活用!時間と労力を大幅にカットできます。

助成金申請には数多くの書類準備や電話対応、何度も行政機関とのやりとりで足を運ばなければなりません。日々の仕事で多忙な経営者・事業主様にとっては、助成金を申請するために膨大な時間や労力が必要となります。

中小企業人材育成協会の提携社会保険労務士に代行することにより、面倒な申請書類の作成から提出まで一括代行でき、最短で効率よく申請ができます。時間や労力を大幅にカットができ、経営に専念することができます。

最新の受給できる助成金が分かります!もらい損ねがなくなります。

約3,000種類以上ある助成金の中から、自分の会社は助成金を申請できるのか?どんな種類があるのか?どのくらい受給できるのか?新しい助成金ができたり、廃止されたりと頻繁に制度が変わることから、もらい損ねてしまう可能性が高いです。

中小企業人材育成協会なら、提携社会保険労務士と共に、日々変化する助成金の要件や内容等最新情報を収集しているため、経営者様が受給できる助成金をもらい損ねがないように、複数組み合わせてご提案することができます。

 

支給の可能性が高くなります!不支給を防ぐことができます。
助成金を申請する上で、法廷帳簿や就業規則の提出を求められます。労働基準法に則った内容になっているかどうかをチェックします。要件に合致しない項目が見つかれば、申請が通らなくなってしまい、助成金がもらえなくなってしまいます。

 

中小企業人材育成協会なら、申請の専門家である提携社会保険労務士、提携弁護士によるリーガルチェック・トラブル対応、提携税理士による節税対策まで、書類作成から申請に関わる書類を不備なく行います。正しく書類を準備し、期日どおりに申請手続きを行えばほぼ間違いなく受け取ることができます。


助成金は、皆さんが支払う雇用保険が財源となっているため、労働関係の法令に違反がないことが支給の絶対条件となります。すなわち『助成金が受給できる会社=国が認めた会社』となり、労働環境が整った会社であることの証明にもなるのです。

また融資を受ける際にも助成金の受給実績があると、きちんと労務整備してある会社であるという評価も受けることができます。

ご相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせください!

助成金・補助金活用のご提案・申請から人材育成まで会社の成長をワンストップ管理体制でサポートしております。

一般社団法人中小企業人材育成協会

大阪府豊中市新千里東町1丁目4-1 阪急千里中央ビル8階

Tel :0678786516

Fax:0676359072

E-mail info@jinzai.or.jp

Webhttps://www.jinzai.or.jp/

Bloghttp://jinzaiikusei-joseikin-hojokin.blog.jp/

Facebook https://www.facebook.com/jinzaiikusei.kyokai/

Twitterhttps://twitter.com/jinzai_kyoiku