助成金受給できる会社=国めた会社

 助成金の活用

国は、助成金補助金公的資金という支援金を、国の方針の沿った企業に対して支給しています。中でも厚生労働省管轄の助成金は、雇用促進・雇用環境改善・人材開発といった雇用に関する支援金で、特定の要件を満たせば誰でも受給でき返済不要の資金となります。

この助成金は、皆さんが支払う雇用保険が財源となっているため、労働関係の法令に違反がないことが支給の絶対条件となります。すなわち『助成金が受給できる会社=国が認めた会社』となり、労働環境が整った会社であることの証明にもなるのです。


 

中小企業成長“人材育成”にあり

「人手不足」「低価格競争」「新規事業の開拓」中小企業には多くの課題が山積しています。外部環境が目まぐるしく変化をしていく中、これら多くの課題を解決し、生き残りをかけるためには経営者と従業員の目的意識の共有、そして「人材教育」が鍵となります。

少子高齢化を背景に「人材」をどう確保していくか、確保した人材をどう「教育」していくか、我々は助成金・補助金を正しく活用した人材採用・教育プログラム・業務改善のサポートを行います。


 

申請から受給そして教育まで“ワンストップ管理体制”

【計画】

経営者・事業主様のご要望をヒアリングし、経営者・従業員の皆さまにとってメリットある「助成金」「補助金」を正しくご提案しております。無料個別相談で、受給可能な助成金の情報や、有効活用有効活用できる助成金のご提案を受けられます。受給が難しくても根本的な問題解決も合わせてご提案致します。

【申請】

提携社会保険労務士による申請・手続き、提携弁護士によるリーガルチェック・トラブル対応、提携税理士による節税対策。助成金を受給したことがなくても、書類作成から申請に関わる書類を不備なく、最短で書類作成から助成金受給することができます。経営者様の時間や労力を大幅にカットすることにも繋がります。

【教育】

認定講師によるオリジナル研修、専門外部講師の選定による研修を行い、研修内容が一人一人定着できる人材育成教育の実施。助成金を活用しコストをかけず人材育成を行いながら、雇用の安定化と職場環境改善、パートや社員のスキル向上を目的とし会社の成長をサポートしています。